酵素ダイエットTOP > 酵素ダイエットの方法と効果 > 酵素ダイエットのやり方と効果

酵素ダイエットのやり方と効果について

 

糖質ダイエットのやり方は、そのキモは糖質をとるのを控えることにあります。

 太る原因は、言い換えると体に余分なお肉(=脂肪)がつくのは、食物の中にある「糖質」の取りすぎが原因ですから、

必要以上に取りすぎると脂肪として体内に蓄えられてしまい、たとえば、お腹回りの余分なお肉(=脂肪)になりますね。

 逆にいうと、糖質を摂るのを抑えれば、余分なお肉はつかないのです。

そこで、食べる順番を変えることで糖質の吸収が大きく変わることが知られています。

野菜を先に食べ、タンパク質を挟み、最後に炭水化物を食べると、逆の順番に比べて

糖質の吸収が大幅に抑えられるのです。もちろん同じものを同じ量を食べても、という前提です。

 しかし「早食い」の人は例外です。

それは、糖質の吸収が和らぐのは、野菜の食物繊維が小腸で消化されることで起きる現象ですから、早食いをすると、野菜が消化される前に、糖質の塊である炭水化物が小腸に送り出されてしまうのです。

それで、効果が激減してしまうのです。だから“食べる順だけ変えて痩せる”方法は、野菜をゆっくり食べることがポイントになります。


ゆっくり食べることで、満腹中枢が刺激され、食べる量が自然と減るという副次効果もあります。

野菜から先に食べるから脂肪がつきづらい。だから太らないという効果が喧伝されています。でも、ダイエットだけでなくアンチエイジングにもつながることも分かってきているのです。

老化の原因として注目されている「糖化」の進行を和らげるひとつの有力な手段でもあるからです。

カロリー制限には不足する栄養素の補給が大切です。
健康的にダイエットするやり方には、ビタミンCなどのビタミン類やミネラルのほかに

ほとんどの現代人に不足している酵素が不可欠です。それは酵素サプリでも、酵素ドリンクからでも補充できます。


 

酵素ダイエットの方法と効果記事一覧

酵素ダイエットのやり方と効果

糖質ダイエットのやり方は、そのキモは糖質をとるのを控えることにあります。 太る原因は、言い換えると体に余分なお肉(=脂肪)がつくのは、食物の中にある「糖質」の取りすぎが原因...

EPAと痩せるホルモンの(GLP-1)働き さば缶とマグロ

痩せるホルモンがたくさん出る人は太らない?痩せるホルモンの(GLP-1)働きには、三つあることを先日の「たけしの家庭の医学」で紹介していました。それによると、痩せる...

フルーツ 酵素ダイエット

朝ごはんをしっかりと食べるといいと言われていますが、あなたの常識は本当なのでしょうか?一日の体調を調えるとも言われている、大切な朝にフルーツ(果物)を食べるとダイエット...